2007年04月12日 20時29分 公開
ニュース

大塚商会と日本HP、中〜大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを設立NEWS

大塚商会と日本ヒューレット・パッカードは共同で、中規模企業から大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを、大塚商会本社ビルに5月15日より設立する。

[TechTarget]

 大塚商会は4月12日、日本ヒューレット・パッカードと共同で中規模企業から大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを、大塚商会本社ビル3階に5月15日より設立すると発表した。同センターでは、日本ヒューレット・パッカードの「BladeSystem」「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)」を設置し、実際に導入している、もしくは導入を検討をしている顧客向けに、操作性と運用を確認できる最新ハードウェアのデモ・テスト環境を提供する。

 企業内におけるデータは年々増加する一方であり、日本版SOX法や内部統制強化に伴ってデータ量やアクセスの増加を想定したストレージ環境へを実現し、安全かつ継続的にデータを保護する必要がある。大塚商会と日本ヒューレット・パッカードは協業関係を強化し、多様化する顧客ニーズへの対応と、安心して導入できるストレージシステムの提供を行っていくとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...