2007年04月12日 20時29分 公開
ニュース

大塚商会と日本HP、中〜大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを設立NEWS

大塚商会と日本ヒューレット・パッカードは共同で、中規模企業から大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを、大塚商会本社ビルに5月15日より設立する。

[TechTarget]

 大塚商会は4月12日、日本ヒューレット・パッカードと共同で中規模企業から大規模企業向けストレージ製品のデモ・検証センターを、大塚商会本社ビル3階に5月15日より設立すると発表した。同センターでは、日本ヒューレット・パッカードの「BladeSystem」「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)」を設置し、実際に導入している、もしくは導入を検討をしている顧客向けに、操作性と運用を確認できる最新ハードウェアのデモ・テスト環境を提供する。

 企業内におけるデータは年々増加する一方であり、日本版SOX法や内部統制強化に伴ってデータ量やアクセスの増加を想定したストレージ環境へを実現し、安全かつ継続的にデータを保護する必要がある。大塚商会と日本ヒューレット・パッカードは協業関係を強化し、多様化する顧客ニーズへの対応と、安心して導入できるストレージシステムの提供を行っていくとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...