日立ソフト、公開する文書の流出拡散・回収を制御する運用管理製品を発売NEWS

日立ソフトは、企業が公開を要するドキュメントの公開統制を実現する運用管理製品「活文NAVIstaff」を発売した。

2007年04月23日 19時57分 公開
[TechTarget]

 日立ソフトは4月23日、公開を要するドキュメントを統制することで、不適切な利用や情報流出などを防止するドキュメント運用管理製品「活文NAVIstaff」を発売。6月末より出荷を開始すると発表した。本製品は、手元を離れたドキュメントの制御を可能とする「AdobeR LiveCycle Policy Server」など2製品のDRM製品と連携し、個々のドキュメントにポリシーを適用することで、全社規模での公開統制を実現するもの。価格は1サーバ130万円、1ユーザーライセンス3000円から(ともに税抜)。

 公開するドキュメントを「活文NAVIstaff」のキャビネットに登録すると、あらかじめ設定されたセキュリティポリシーが自動的・強制的に適用される。このため運用負荷をかけずに、個々のドキュメントに対して適切なポリシーを確実に適用できるという。ActiveDirectoryとの連携も可能だ。また、公開したドキュメントの拡散状況・利用状況をビジュアルに表示し、直感的に把握できる。さらに、システムから直接ドキュメントを入手した利用者だけでなく、人づてでドキュメントを入手した利用者も追跡可能となっているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...