2007年05月18日 20時50分 公開
ニュース

IBMとRed Hat、メインフレームへのLinux導入拡大のための協業を発表NEWS

IBMとRed Hatが、「IBM System z」に「Red Hat Enterprise Linux」の導入を促進するための協業を発表した。

[TechTarget]

 米IBMとRed Hatは5月9日(現地時間)、IBMのメインフレーム「IBM System z」への「Red Hat Enterprise Linux」導入を促進するための協業を発表した。今回の協業により両社は、IBMのメインフレームの信頼性、可用性、拡張性とRed Hatのオープンソースソリューションの価値を、ユーザーに提供していくという。

 今回のリリースで両社は、IBM System ZとRed Hat Enterprise Linuxが持つセキュリティの優位性を強調。双方から提供される包括的な監査機能により、システム管理者は企業のセキュリティポリシーの有効性を評価できるとしている。また、IBM System zは、セキュアOS「Security Enhanced Linux(SELinux)」を活用することもできる。SELinuxは、データおよびカーネルリソースへのアクセスに対して、きめ細かいポリシーベースの制御ができるため、脆弱化したプログラムがポリシーに反して動作することはないという。

 また、両社は共同エンジニアリングチームを設置。オープンソースコミュニティとの連携や、IBM System z上で稼働するRed Hat Enterprise Linuxのパフォーマンスとセキュリティをさらに強化する方法を検討していく予定だ。なお、本件の日本における対応の詳細は未定。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。