2007年07月23日 19時42分 公開
ニュース

NEWS日立、サーバ仮想化機構「Virtage」の適用範囲を拡大

インテル Xeon プロセッサー搭載サーバでも、仮想化によるコスト削減や運用管理性の向上が可能に

[TechTarget]

 日立製作所は7月23日、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS1000」において、日立独自のサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」を標準搭載したインテル Xeon プロセッサー サーバモジュールを製品化し、7月25日から販売開始すると発表した。これにより、アプリケーションサーバや中規模データベースシステムなど、インテル Xeon プロセッサーを搭載したサーバが適用される領域でも、サーバ台数の削減やソフトウェアライセンス費用/運用コストの最適化といったサーバ仮想化のメリットに加え、物理/論理サーバの互換性確保と一元管理などのVirtageによるメリットが受けられるようになる。

 また今回、小型高集積モデル「BS320」において、SASインタフェースを採用するエントリークラスディスクアレイ装置「BR20」を新たにサポート。同時に提供開始する「N+1コールドスタンバイシステム設定サービス」と合わせて、高可用システムを利用した中小規模システムの構築がリーズナブルかつ容易に実現できるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

news143.jpg

Accenture調査から見えた2020年の5つのテクノロジートレンド
「テック・クラッシュ」を乗り切るにはどうすればいいのか。AccentureのCEOおよびCTOの記...