アシストと日本オラクル、データベース運用管理分野で協業NEWS

アシストが、日本オラクルの全面バックアップにより「Oracle Enterprise Manager」に関する無償セミナーやコンサルティングサービス、定期訪問サービスなどを提供

2007年09月12日 17時55分 公開
[TechTarget]

 アシストと日本オラクルは9月12日、統合運用管理システム「Oracle Enterprise Manager」の拡販・導入に関する協業を発表した。本製品はパフォーマンスチューニング機能などのデータベース管理機能をベースに、アプリケーション、ミドルウェア、データベース管理を横断して、オラクルシステムおよび他社システムの管理を行う統合エンタープライズ管理ソリューション。

 両社はこれまでの「Oracle Database」および関連製品の販売、サポート、データベース診断などで培ってきた協力関係を一層強化し、Oracle Enterprise Managerを中核としたデータベース運用管理ソリューションを積極的に推進するとしている。アシストが本製品のデータベース運用管理システムとしての使用提案、無償セミナーの提供、導入に向けたコンサルティングサービス、導入先企業への定期訪問サービスを開始し、日本オラクルがこれらの活動を全面的に支援する。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | Oracle(オラクル) | データベース


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...