2007年09月20日 19時31分 公開
ニュース

日本HP、ハイエンドストレージ「HP StorageWorks XP20000 ディスクアレイ」を発表NEWS

IT統合や災害対策をより省スペース、低コストで実現するハイエンドストレージ製品。同時にテープライブラリ製品およびバックアップシステム製品の機能拡充

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは9月20日、ハイエンドストレージ製品「HP StorageWorks XP20000 ディスクアレイ(以下、XP20000)」を同日より発売したと発表した。本製品は、ハイエンドストレージ製品のエントリーモデル「XP10000」の後継機種となる。

 XP20000は「HP StorageWorks ディスクアレイXPファミリ」の最上位機種「XP24000」の持つ仮想化機能を継承しながら、ディスクドライブ搭載数を最大240基にすることで低価格化を実現。業界標準ラック(EIA規格準拠の19インチラック)の採用により、スペース効率の向上とデータセンター運用管理コストの削減に貢献するという。同社はこれまで大規模企業向け製品で提供されてきた仮想化機能を、より多くの企業のIT環境に向けて提供するとしている。出荷開始は10月上旬を予定しており、最小構成価格は4532万8500円から。

 また、XP20000の発表と同時に、LTO-4ドライブ搭載テープライブラリ「HP StorageWorks MSLシリーズ」および「HP StorageWorks EML/ESL シリーズ」、ディスク上にテープバックアップの機能を実現する仮想テープライブラリ「HP StorageWorks VLSシリーズ」の新製品も発表している。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。