ネットワールドとクオリティ、包括的なクライアントPCセキュリティをSaaS型で提供NEWS

SaaS型のPCセキュリティ維持管理サービス「ISM Client Care(ISM)」を9月中旬より提供。ISMとマカフィーの「Managed Total Protection(MTP)」を組み合わせた「セキュリティSaaSパック(仮称)」も合わせて提供

2007年09月20日 19時33分 公開
[TechTarget]

 ネットワールドとクオリティは9月20日、協業に基づきクライアントPCセキュリティ維持管理「ISM Client Care(以下、ISM)」を9月中旬よりインターネットを利用したSaaS型のサービスとして販売開始すると発表した。

 ISMは、以下の機能を提供する。

  • Windowsセキュリティパッチの更新支援
  • クオリティが発行するセキュリティ辞書によるセキュリティレベルの診断(日次)
  • セキュリティパッチ未適応PCのレポーティング
  • ウイルスワクチンソフト未更新PCのレポーティング
  • 不正ソフト(WinnyやShareなど)探査、利用状況のレポーティング
  • ハードウェア構成とインストールソフトウェアの一覧レポーティング

 価格は初回システム登録費用が5万円、サブスクリプションライセンスが1クライアント当たり8400円。

 また、両社はすでに販売を開始しているマカフィーのSaaS型セキュリティサービス「Managed Total Protection(MTP)」とISMを組み合わせた「セキュリティSaaSパック(仮称)」も提供予定。セキュリティSaaSパック(仮称)を利用することで、より強固なクライアントPCのセキュリティ維持を、管理サーバの設置/運用などの煩雑な作業なしで実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

SaaS | セキュリティ対策


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...