2007年09月25日 18時44分 公開
ニュース

OKI、中小規模システム向けサーバ監視アプライアンスを発売NEWS

マルチプラットフォームに対応したオールインワン型サーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit V2」を発売。

[TechTarget]

 OKI(沖電気工業)は9月25日、オールインワン型サーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit V2」を同日より発売したと発表した。本製品は、設置と同時にサーバ監視を開始できるマルチプラットフォーム対応の中小規模システム向けサーバ監視アプライアンス。ソフトウェアと基本的な監視項目設定をあらかじめ工場でハードウェアに組み込んでから出荷する。サーバ台数50台(ネットワーク機器と合わせて100台)までの中小規模システムのサーバ監視、ネットワーク機器監視に特化することで、コンパクトでコストパフォーマンスに優れたシステム監視の簡単導入を実現できるとしている。

 監視対象機器に専用ソフト(エージェント)のインストールが不要なため、運用中のサーバに変更を加えることなく運用監視を導入でき、稼働中の既存システムに後付けでサーバ監視を導入することも比較的容易だとしている。

 また、ほかのシステム運用管理ツールと共存しつつ、別系統のサーバ監視ツールとして運用できるよう、基幹業務システム向けの統合運用管理システムである日立の「JP1」や日本ヒューレット・パッカードの「HP OpenView」などとの間でアラート通知を利用した連携が可能となっている。標準販売価格は150万円(税別)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。