2007年09月25日 18時44分 公開
ニュース

OKI、中小規模システム向けサーバ監視アプライアンスを発売NEWS

マルチプラットフォームに対応したオールインワン型サーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit V2」を発売。

[TechTarget]

 OKI(沖電気工業)は9月25日、オールインワン型サーバ監視アプライアンス「DressUP Cockpit V2」を同日より発売したと発表した。本製品は、設置と同時にサーバ監視を開始できるマルチプラットフォーム対応の中小規模システム向けサーバ監視アプライアンス。ソフトウェアと基本的な監視項目設定をあらかじめ工場でハードウェアに組み込んでから出荷する。サーバ台数50台(ネットワーク機器と合わせて100台)までの中小規模システムのサーバ監視、ネットワーク機器監視に特化することで、コンパクトでコストパフォーマンスに優れたシステム監視の簡単導入を実現できるとしている。

 監視対象機器に専用ソフト(エージェント)のインストールが不要なため、運用中のサーバに変更を加えることなく運用監視を導入でき、稼働中の既存システムに後付けでサーバ監視を導入することも比較的容易だとしている。

 また、ほかのシステム運用管理ツールと共存しつつ、別系統のサーバ監視ツールとして運用できるよう、基幹業務システム向けの統合運用管理システムである日立の「JP1」や日本ヒューレット・パッカードの「HP OpenView」などとの間でアラート通知を利用した連携が可能となっている。標準販売価格は150万円(税別)。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...