NTTアイティ、テレビ会議とWeb会議を相互接続するソフトウェアを開発NEWS

テレビ会議参加者とWeb会議参加者間のコミュニケーションを可能にする「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発。また、新GUIを搭載した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスも開始

2007年10月19日 19時45分 公開
[ITmedia]

 NTTアイティは10月19日、テレビ会議システムとWeb会議システム「MeetingPlaza」を相互に接続するソフトウェア「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発、11月上旬に発売する予定であると発表した。また、GUIを一新した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスを10月21日から提供開始する。

 MeetingPlaza H.323ゲートウェイは、テレビ会議システムとWeb会議システムMeetingPlazaの両方の通信方式を実装することで、双方の接続を可能にするもの。例えば本・支社間で実施しているテレビ会議に、営業所や販売店にいるスタッフがPCからWeb会議で参加することができる。テレビ会議とWeb会議を融合した会議を行うことで、会議システムの適用範囲を拡大し、意思決定・調整・実行などのスピードアップを実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

ASP | コミュニケーション | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...