2007年10月19日 19時45分 公開
ニュース

NTTアイティ、テレビ会議とWeb会議を相互接続するソフトウェアを開発NEWS

テレビ会議参加者とWeb会議参加者間のコミュニケーションを可能にする「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発。また、新GUIを搭載した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスも開始

[ITmedia]

 NTTアイティは10月19日、テレビ会議システムとWeb会議システム「MeetingPlaza」を相互に接続するソフトウェア「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発、11月上旬に発売する予定であると発表した。また、GUIを一新した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスを10月21日から提供開始する。

 MeetingPlaza H.323ゲートウェイは、テレビ会議システムとWeb会議システムMeetingPlazaの両方の通信方式を実装することで、双方の接続を可能にするもの。例えば本・支社間で実施しているテレビ会議に、営業所や販売店にいるスタッフがPCからWeb会議で参加することができる。テレビ会議とWeb会議を融合した会議を行うことで、会議システムの適用範囲を拡大し、意思決定・調整・実行などのスピードアップを実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

ASP | コミュニケーション | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...