2007年10月19日 19時45分 公開
ニュース

NTTアイティ、テレビ会議とWeb会議を相互接続するソフトウェアを開発NEWS

テレビ会議参加者とWeb会議参加者間のコミュニケーションを可能にする「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発。また、新GUIを搭載した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスも開始

[ITmedia]

 NTTアイティは10月19日、テレビ会議システムとWeb会議システム「MeetingPlaza」を相互に接続するソフトウェア「MeetingPlaza H.323ゲートウェイ」を開発、11月上旬に発売する予定であると発表した。また、GUIを一新した「MeetingPlaza電網会議室 V4.5」のASPサービスを10月21日から提供開始する。

 MeetingPlaza H.323ゲートウェイは、テレビ会議システムとWeb会議システムMeetingPlazaの両方の通信方式を実装することで、双方の接続を可能にするもの。例えば本・支社間で実施しているテレビ会議に、営業所や販売店にいるスタッフがPCからWeb会議で参加することができる。テレビ会議とWeb会議を融合した会議を行うことで、会議システムの適用範囲を拡大し、意思決定・調整・実行などのスピードアップを実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

ASP | コミュニケーション | 業務効率


ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...

news017.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...