EMCと日本オラクル、階層型データベース管理ソリューションを共同で検証NEWS

「Oracle GRID Center」での協業活動の一環として、肥大化していくDBの効率的なデータ管理手法を両社で協業し市場に展開

2007年10月25日 20時13分 公開
[TechTarget]

 EMCジャパンと日本オラクルは10月25日、「Oracle GRID Center」での協業活動の一環として、両社が提唱するILM(Information Lifecycle Management:情報ライフサイクル管理)戦略を融合した効率的な階層型データベース管理ソリューションを共同で検証したと発表した。検証結果を基に対処方法や導入効果を啓発し、企業に対するILMの導入を共同で推進していく。

 今回のソリューション検証では、時系列的にデータを分割する「Oracle Database」のパーティショニング機能をベースに作成したデータベースの最適配置方法を確立。また、そのデータベース環境に対して適切な階層ストレージとの実践的な基本性能テストや、最適なオンラインバックアップ運用の実現方法も確立しているという。これは、EMCの階層型のストレージとそれに伴うデータ管理のソリューションとのノウハウを組み合わせることにより実現したもの。本ソリューションを利用することで、企業は現在利用している業務システム上のデータについてもILMを導入することができ、システム全体のコスト削減、パフォーマンスの向上、運用管理手順の軽減を促進できるとしている。

 今後両社は、本ソリューションについてユーザーへの共同普及活動、提案活動支援、パートナーへの技術トランスファー、セールス協業による共同展開を行っていく。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | Oracle(オラクル) | データベース | EMC


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。