HOYAサービス、「HOYAシンクライアントASPサービス」の提供を開始NEWS

ネットワーク環境さえあればサーバ設備や運用担当者なしでシンクライアントを利用できるASPサービスを提供開始

2007年11月05日 20時39分 公開
[TechTarget]

 HOYAサービスは「HOYAシンクライアントASPサービス」の提供を11月5日より開始した。本サービスは、サーバ設備や運用担当者なしでシンクライアントを利用できるASPサービス。オフィスソフトは「Microsoft Office 2007」と「OpenOffice.org」、WebブラウザはInternet ExplorerとFirefoxを標準で利用できる。月額利用料は1ユーザー当たり6980円から(Microsoft Officeを利用しない場合は4980円から)。

 要望に応じてレンタルによるサーバやシンクライアント端末、閉域ネットワーク環境の提供、独自アプリケーションへの対応といったオプションサービスも行う。また、HOYAサービスのデータセンターに設置したサーバを共用するパターン、専用サーバを利用者のオフィスに設置して利用するパターン、専用サーバをHOYAサービスのデータセンターに設置するパターンなど、導入パターンを選べるようになっている。

関連ホワイトペーパー

シンクライアント | ASP


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...