シンクライアント環境に対応した統合ログ収集・分析システムを3社で開発NEWS

Citrix Presentation Serverのシンクライアントごとの操作履歴を記録するソフトウェアと、統合ログ収集・分析システムとの連携を図ったシンクライアント環境対応の新製品「LogCatcher for Meta Logger」を発売

2007年11月08日 20時11分 公開
[TechTarget]

 ネットワールド、三菱電機インフォメーションテクノロジー、アイベクスの3社は11月8日、シンクライアント環境対応の統合ログ収集・分析システム「LogCatcher for Meta Logger」を発表した。

 LogCatcher for Meta Loggerは、アイベクスが開発・提供するソフトウェア「Meta Logger」と、三菱電機インフォメーションテクノロジーの統合ログ収集・分析システム「LogCatcher」とを連携させた製品。

 Meta Loggerは「Citrix Presentation Server」のシンクライアントごとの操作履歴を記録するソフトウェア。LogCatcherと連携することにより、Meta Loggerで記録したログを専用データベースで統合管理できるという。LogCatcherの豊富な分析テンプレートを活用してグラフ・チャート化することで、監査ニーズにも対応可能なレポートの作成も可能。また、専用データベースで大量ログを圧縮保管することによる改ざん防止、高速検索、複数システムの形式の異なるログ情報を一元管理できることも特徴として挙げている。

 なお、本製品はネットワールド、三菱電機インフォメーションテクロノジーおよび両社の販売代理店を通じて11月9日より販売を開始する。

関連ホワイトペーパー

シンクライアント | 情報漏洩 | 内部統制 | SOX法


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...