2007年11月20日 19時24分 公開
ニュース

アトラクス、日本版SOX法対応の文書作成・管理支援ツールに新機能NEWS

「TRIANGLE J-SOX」に、Excelなどほかのソフトウェアで作成した文書の取り込み機能とフローチャート自動生成機能を標準搭載

[TechTarget]

 アトラクスは11月20日、日本版SOX法対応の文書作成・管理支援ツール「TRIANGLE J-SOX」に「既存文書取り込み機能」と「フローチャート自動生成機能」を標準搭載し、11月26日より提供を開始すると発表した。これにより、日本版SOX法対象企業で必要となる「業務フロー」「業務記述書」「リスクコントロールマトリクス(RCM)」の文書3点セットを作成できるとともに、同文書の維持および整合性管理を支援するとしている。

 既存文書取り込み機能は、Excelなどで作成したRCMや業務記述書の取り込みを可能にする機能。これにより、既存文書およびこれから作成する文書の管理をTRIANGLE J-SOXで一元化できる。フローチャート自動生成機能は、取り込んだRCMや業務記述書からフローチャートを自動生成し、文書3点セットを常に整合性の取れた状態で自動管理できる機能。文書管理データベースを活用して文書3セットを自動連携させるため、文書のメンテナンス作業や管理作業の効率化を実現できるとしている。

関連ホワイトペーパー

SOX法 | 文書管理 | 内部統制


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...