2007年11月27日 04時45分 公開
特集/連載

ネットワーク運用コスト削減のポイント回線、インフラ、そして人件費

現代の企業には、高速で効率的なネットワークが必要だ。限られた予算の中で、実用性を損なうことなくネットワークのコストを抑えるための手段を検討する。

[Tom Lancaster,TechTarget]

 現代の企業ならどんな規模であれ、通信と業務システムを支える高速で効率的なネットワークが必要だ。優れた技術によって競争の激しい市場で優位に立てることもある。半面、IT予算は限られており、コストを抑えながら機能を高めるために優れたネットワーク設計が必要になる。実用性を損なわずにネットワーク運営コストを削減するための手段を幾つか見てみよう。

人件費の削減

 ネットワークのコストについて考える場合、最初に目を向けるべき最も大切な要素は人件費だ。考えたくない要素ではあるだろうが、ほとんどの大規模ネットワークにとって最もコストがかさむ部分であることは間違いない。コンサルタントがこの問題に取り組みたがらないのは、労働時間の短縮が、時間給で働いているネットワーク担当者の手取りに響くからだ。

 顧客の期待に応えるため、大手コンサルタント会社は2つの戦略を採用し、小規模の競合コンサルタントに多大なプレッシャーを与えている。その戦略とは、再利用可能な資産を使ったネットワーク設計のコモディティー化と、ネットワーク技術者の時給が35ドルではなく3ドル50セントの国へのオフショア化だ。

回線の利用削減

 次の手は、回線の利用を減らすことだ。それには2つのやり方がある。1つはユーザーを会社のオフィスからホームオフィスに移動させ、コストが比較的安い回線にトラフィックを移すこと。もう1つはRiverbed TechnologyCisco Systemsなどが提供しているWAN最適化コントローラ(WAAS)を利用することだ。しかし、会社にはそれぞれ違った理念や業務上のニーズがあり、ひとくくりに言うことは難しい。

もっと安いハードウェアの購入

関連ホワイトペーパー

運用管理 | サーバ | VPN | WAN高速化


ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...