2008年01月07日 19時50分 UPDATE
ニュース

NEWSGMOホスティング&セキュリティ、Webアプリケーション脆弱性診断サービスを提供

「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を提供

[TechTarget]

 GMOホスティング&セキュリティは1月7日、SBTコンサルティング(以下、SBTC)との業務提携により、ホスティングブランド「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」の提供を開始した。

 本サービスは、SBTCの診断システムを用いてユーザーのWebアプリケーションの脆弱性をインターネット経由で診断するもの。CISSP認定資格をはじめとする複数の専門資格を持つセキュリティコンサルティング専任のエンジニアが、ハイエンドモデルと同等の数千におよぶ項目にて診断を実施し、発見した脆弱性の内容からリスクとその対処(修正)方法までを報告する。ASP方式で提供するため、ユーザー側でのインストール作業やハードウェア、ソフトウェアの購入は不要となっている。価格は1回3万1500円。また、脆弱性の有無のみを無料で診断する体験版も用意している。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。