GMOホスティング&セキュリティ、Webアプリケーション脆弱性診断サービスを提供NEWS

「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」を提供

2008年01月07日 19時50分 公開
[TechTarget]

 GMOホスティング&セキュリティは1月7日、SBTコンサルティング(以下、SBTC)との業務提携により、ホスティングブランド「アイル」の専用サーバサービスのオプションとして、Webアプリケーション脆弱性診断サービス「ホームページセキュリティー診断」の提供を開始した。

 本サービスは、SBTCの診断システムを用いてユーザーのWebアプリケーションの脆弱性をインターネット経由で診断するもの。CISSP認定資格をはじめとする複数の専門資格を持つセキュリティコンサルティング専任のエンジニアが、ハイエンドモデルと同等の数千におよぶ項目にて診断を実施し、発見した脆弱性の内容からリスクとその対処(修正)方法までを報告する。ASP方式で提供するため、ユーザー側でのインストール作業やハードウェア、ソフトウェアの購入は不要となっている。価格は1回3万1500円。また、脆弱性の有無のみを無料で診断する体験版も用意している。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。