2008年01月28日 18時58分 公開
ニュース

F5ネットワークス、アプリケーションファイアウォールの最新版を発表NEWS

「BIG-IP Application Security Manager 9.4.3」を発表。アプリケーショントラフィック管理エンジン「TMOS」との統合を強化。

[TechTarget]

 F5ネットワークスは1月28日、アプリケーションファイアウォールアプライアンスの最新版「BIG-IP Application Security Manager(ASM) 9.4.3」を発表した。価格は339万円。ソフトウェアモジュールおよびスタンドアロンデバイスとして、保守契約下のユーザーは無償でバージョンアップできる。

 最新版では、同社独自のアプリケーショントラフィック管理エンジン「TMOS」との統合を強化。また、セキュリティポリシーを作成、保守、更新するエンジン「リアルトラフィックポリシービルダー」により、アプリケーションがやりとりする双方向のトラフィックフローの検査を行い、攻撃や異常を検出するとセキュリティポリシーを適切な状態まで自動的に強化するという。

 「Microsoft SharePoint Server」「Microsoft Outlook Web Access」「SAP NetWeaver」「Lotus Notes/Domino」などの実環境で実証済みのプリセットポリシーの提供により、導入が容易なことも特徴としている。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...