2008年02月01日 04時49分 公開
特集/連載

Windows XPの復元:「デバイスドライバのロールバック」と「システムの復元」Windows XPの復活方法 その2

起動できなくなったシステムを復旧する方法として、「前回正常起動時の構成」に続けて「デバイスドライバのロールバック」と「システムの復元」を紹介する。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 「前回正常起動時の構成」を使ってWindows XPを復元する方法では、起動しなくなったシステムを「前回正常起動時の構成」オプションを使って機能する状態に復元する方法を解説した。今回はほかの有用な復旧手段として、「デバイスドライバのロールバック」と「システムの復元」を紹介する。

デバイスドライバのロールバック

 Windows XPの破壊的な変更として最もよく起こるのは、恐らく無効なデバイスドライバのインストールだろう。Windowsではこれを防ぐ措置が取られてはいるが、ドライバをチェックする仕組みが完全ではなく、簡単にかわされてしまう。無効なデバイスドライバをインストールすると、結果としてハードウェアが1つ機能しなくなるだけで済むこともあれば、システム全体が起動できなくなることもある。

 幸い、この種の問題の復旧は比較的簡単だ。ここで紹介する方法は「デバイスドライバのロールバック」と呼ばれている。通常の方法で無効なデバイスドライバをインストールしたのであれば、ほとんどの状況でうまくいく。しかし、例えば有効なデバイスドライバと一致させるために無効なデバイスドライバの名称を変更し、有効なファイルを無効なファイルで上書きするといったとんでもないことをやってしまった場合、この方法は通用しない。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...