オリオグローバル、シンクライアント環境で文書共有を実現するミドルウェアを発売NEWS

文書共有のほか、特定の文書を配信・収集できるシンクライアント環境を低価格で構築。サーバ管理者の負荷やコストの軽減を支援する。

2008年02月15日 19時50分 公開
[TechTarget]

 オリオグローバルは2月15日、韓国TILON Technologyのミドルウェアソフト「TusKan Professional Server 2007」の国内販売を開始した。2月28日より出荷開始予定。

 本製品は、サーバベースコンピューティングを構築可能なミドルウェア。Webストレージ機能によりデータはすべてサーバ側に保存され、保存された文書はExplorer風のファイル共有ツール「Tinplore」からダブルクリックで開くことができる。また、ユーザーやグループごとに共有ディレクトリを作成したり、Excel/Wordのデータを特定のユーザーに配信・収集できるなど、シンクライアント環境での文書共有を実現する。

 ユーザー登録・アプリケーション登録・セキュリティ設定などは管理画面からウィザード形式で行うことができる。また、ユーザーが利用しているアプリケーションに対してのリモート管理も行える。

 クライアントPCごとに管理していたアプリケーションをサーバに統合することで、ソフトウェア更新パッチの適用がサーバのみで対応できるため、管理コストの削減にも有効としている。

 価格は1ユーザー当たり5万円からで、ASP向け月額ライセンスも用意されている。

関連ホワイトペーパー

シンクライアント | ミドルウェア | 文書管理


ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。