2008年03月03日 19時32分 UPDATE
ニュース

NEWSAPC、データセンターの排熱効果を15%向上する冷却システムを発売

ラック列の暖気通路を囲い込むことで熱の再循環を防ぎ、冷却効率を向上する。

[TechTarget]

 エーピーシー・ジャパンは3月3日、データセンターの冷却効率を向上するソリューション「HACS」(Hot Aisle Containment System:ハックス)の販売を開始した。

 HACSは、データセンター内でIT機器からの排熱がたまる「ホットアイル」(暖気通路)の両サイドとラック間の天井部分の3方向をパネルでふさぎ、熱をHACS内部にとどめて冷却を行う。同社のラック列単位で冷却を行うモジュール式冷却ソリューション「InfraStruXure InRow」製品と組み合わせて使用する。

画像 HACS 導入イメージ図

 排熱をIT機器の吸気部に再循環させることなく冷却が行え、HACSを付けていないInfraStruXure InRowに比べ、全体の排熱処理効果を約15%向上させるという。

 同社は、HACSでIT機器を効率的に冷却することにより、昨今問題視されているデータセンターの消費電力増を抑えられるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。