2007年12月20日 04時45分 公開
特集/連載

実践グリーンITデータセンター省エネの10の方法

可用性を犠牲にすることなくデータセンターのエネルギー消費を最大50%削減する10の方法を紹介しよう。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 調査会社Gartnerは、サーバ耐用年数3年間のエネルギー供給コストが、近くサーバ取得コストを上回ると予想している。

 米Eatonのデータセンターソリューション担当プロダクトマネジャー、クリス・レフラー氏はこの予想を念頭に、データセンター省エネの10の方法を紹介した。同氏によると、この「簡単にできる」方法を組み合わせれば、可用性を犠牲にすることなくデータセンターのエネルギー消費を最大で50%削減できるという。

1. アイドル状態の機器を停止する

 レフラー氏によると、通常のx86サーバはアイドル状態でも最大電力の30〜40%を消費する。業務を実行していないと思われるサーバの電源は切るべきだと同氏は言う。もし誰かが文句を言ってきたら、ほとんど使われていないそのアプリケーションが仮想化できるかどうかを検討するといい。

2. 仮想化

 仮想化は、2007年のデータセンターカンファレンスで最も注目を浴びたテーマの1つだった。ベンダーによると、サーバの利用率は通常5〜15%程度。DAS(Direct Attached Storage)の利用は20〜40%、ネットワークストレージは60〜80%となっている。仮想化によってハードウェアの利用率を5〜20倍に引き上げ、電力を大量に消費するサーバの数を減らすことが可能だ。

3. 統合

 サーバ、ストレージ、ネットワークは可能な限り統合すべきだとレフラー氏は言う。ラックマウント型サーバはブレードサーバに入れ替えた方がいい。電力、ファン、ネットワーキング、ストレージといったリソースを共有できるからだ。ブレードサーバはコンピュータ処理能力は同じでも、消費電力と冷却を10〜25%削減できる。ストレージも統合し、階層ストレージを使って別々の業務を処理するといい。

関連ホワイトペーパー

サーバ | データセンター | 仮想化 | UPS | 運用管理


ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...