ラドウェアが高性能Web高速化スイッチ、段階的拡張をサポートNEWS

マルチコアプロセッサを採用することで高いスループット/トランザクション性能を実現。ソフトライセンスを購入すればセキュリティ機能も追加できる。

2008年05月13日 18時05分 公開
[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 Web高速化やセキュリティ対策の装置を手掛ける日本ラドウェアは5月13日、アプライアンス型アプリケーションスイッチ「AppDirector OnDemand Switch」(AppDirector ODS)を発表した。最大4Gbpsのスループットと、エントリー〜ミッドレンジクラスの製品としては高い性能を持つのが特徴。6月1日より出荷を開始する予定。

画像 ソフトライセンスの購入により、例えば1Gbpsから2Gbpsという具合に、スループット性能をニーズに合わせて段階的に上げていくことが可能

 AppDirector ODSは、中堅・中小企業向けの1Uサイズのコンパクトなアプリケーションスイッチ(Webトラフィック負荷分散装置)。スイッチング容量やポート数などハードウェアの違いにより、「ODS1」シリーズと「ODS2」シリーズの2種類に分かれる。AMD Opteronデュアルコアプロセッサを搭載。さらにシステムアーキテクチャの最適化により、小型ながら最大で4Gbpsのスループット、レイヤー7で毎秒10万のトランザクション性能を実現した。米第三者認証機関Tollyグループによる性能テストによると、「同クラスの競合製品に比べて2.5倍以上の性能が出せる」(イスラエルRadwareのCTO、アミール・ペレス氏)という。

画像 他社製品との1秒当たりのトランザクション性能比較(青線がAppDirector ODS)

 AppDirector ODSのもう1つの特徴は、ハードウェアの交換や追加なしにソフトウェアライセンスの購入のみで性能と機能を拡張できる点。ライセンスキーを入手して機能制限を解除するコマンドを入力することで、スループット性能を段階的に向上できるほか、帯域/性能管理機能や、振る舞い検知型DoS(サービス妨害)防御、IPS(不正侵入防御)といったセキュリティ機能などを後から追加できる。

 ODS1のネットワークインタフェースは、SFP(Small Form-Factor Pluggable) GBICあるいはギガビットイーサネット×4ポート。ODS2ではSFP GBIC×4ポートおよびギガビットイーサネット×12ポートを装備。シリーズそれぞれでハードウェア自体は同じだが、標準で提供するスループットの違いにより、ODS1は5モデル(200M〜4Gbps)、ODS2は3モデル(1G〜4Gbps)が用意される。価格は、ODS1が265万円から、ODS2が548万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。