F5、最大16のCPUコアを搭載可能なWeb高速化スイッチ「VIPRION」を発売NEWS

F5ネットワークスジャパンは、シャーシ型アプリケーションスイッチのハイエンドモデルを販売開始した。1つの筐体に最大4台のブレード型スイッチを収容できる。

2008年04月16日 17時39分 公開
[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスジャパンは4月16日、シャーシ型のアプリケーションスイッチ「VIPRION」を発表、同日より販売を開始した。企業向けハイエンド機として、ハードウェアに信頼性と拡張性を持たせている。

画像 ブレードをはじめファン、二重化電源などがホットスワップに対応。F5製品共通のTMOSアーキテクチャにより後から機能追加もできる

 VIPRIONは、同社がアプリケーションデリバリコントローラー(ADC)と位置付けるアプリケーションスイッチ(負荷分散装置)。ブレード型のADCを最大4枚収容し、複数のADCが1つの筐体で協調動作する仕組み。万一ブレードにハードウェア障害が起きても、稼働を止めないクラスタ構成が可能だ。

 拡張性の点では、主力製品「BIG-IP 8800」にも搭載されたマルチプロセッシング技術を採用。4つのCPUコアを搭載するブレード4枚を使用して16のCPUコアが並列処理を行うようにすると、レイヤー4および7で36Gbpsの高スループット、毎秒20万のSSLトランザクションを実現するという。また、ネットワークインタフェースを介さずにCPU間を高速なバスで直接接続し、さらに独自のASIC(特定用途向けIC)で各ADCが受け持つトラフィックを最適化することにより、アクセスピーク時にも負荷分散の処理速度が落ちないようにした。

画像 メイヤー氏によると、米国の金融系企業とソフトウェア開発企業がVIPRIONを導入したという

 米F5 Networksのプロダクトマネージャー、ネイサン・メイヤー氏は、単一の筐体でスケールアウトするVIPRIONの導入メリットを、サービス拡充時の導入・管理コストやラックスペースの問題を解決できることだと説明する。「従来の、サーバファームを設けるたびに単体のADCを追加していく拡張方法は効率的ではなく、DNSや経路の変更といった管理の問題もあった」(メイヤー氏)

 VIPRIONの価格(税抜き)は、AC電源搭載のシャーシが699万円、DC電源搭載モデルが899万円。ブレードは通常仕様と耐熱仕様のものとに分かれ、通常仕様モデルが1979万円、耐熱仕様モデルは2573万円。また、シャーシとデータ圧縮やSSLサポート、外部クライアント認証などのオプション機能をセットにした「パフォーマンスパック」が1399万円で提供される。

 なお、同社はアプリケーションスイッチのハイエンドモデルとしてデュアルコアCPUを搭載するBIG-IP 8800を販売中だが、拡張性を必要としないユーザーには同製品を、Webサイトなどで将来サービスの拡充予定があるユーザーには拡張が容易なVIPRIONの導入を提案し、売り分けをしていくという。

関連ホワイトペーパー

負荷分散 | SSL | クラスタ


ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...