ネットギア、スタイリッシュな8ポートGbEスイッチを発売NEWS

ギガビットイーサネットスイッチの新製品「GS608」「GS605」が5月17日より販売開始。AUTO MDI/MDI-X対応の1000BASE-Tスイッチングポートを8ポート(GS605は5ポート)装備する。

2008年05月15日 18時32分 公開
[TechTargetジャパン]

 ネットギアジャパンは、ギガビットイーサネット(GbE)スイッチの新製品「GS608」「GS605」を5月17日より販売開始する。

画像 GS608
画像 GS605

 GS608およびGS605は、1000BASE-T(100BASE-TX/10BASE-T)スイッチングポートを8ポート(GS605は5ポート)装備したコンパクトサイズのGbEスイッチ。従来モデルからデザインを一新、デスクトップに置いても違和感のないスタイリッシュな筐体を採用した。

 全ポートが通信速度や通信モードを自動的に切り替えるオートネゴシエーションに対応し、1000Mbps/100Mbps/10Mbpsが混在する環境においても容易に導入できる。さらに、ストレート/クロスケーブルを自動判別するAUTO MDI/MDI-Xにも対応、ネットワークに接続する機器を頻繁に変える場合にもカスケードポートやクロスケーブルなどを意識せずに接続できる。

 価格はGS608が6980円、GS605が4980 円(ともに税込み)。

関連ホワイトペーパー

ギガビットイーサネット | IEEE


ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...