ディーリンクのLANスイッチがWindows NAPに対応、IPv6での検疫も可能にNEWS

ディーリンクのL2/L3のLANスイッチ群が「Windows Server 2008」のLAN検疫機能に対応、スイッチによるWindowsクライアントのアクセスコントロールが可能になった。

2008年04月15日 17時06分 公開
[ITmedia]

 中堅ネットワークベンダーであるディーリンクジャパンは4月15日、同社のレイヤー2/3の認証スイッチ製品が「Windows Server 2008」に正式対応したと発表した。Windows Server 2008/Vistaで実現するネットワーク保護機能「NAP(Network Access Protection)」に対応することで、検疫システムを構築できるという。

画像 DGS-3200-10

 今回NAPに対応した同社のスイッチは、ギガビットイーサネットスイッチ「DGS-3200/3400/3600シリーズ」および10/100Mbpsイーサネットスイッチ「DES-3500/3800シリーズ」。IEEE 802.1x認証機能付きスイッチがNAPに対応することで、Windowsファイアウォールやウイルス対策ソフトの機能が無効になっているなどセキュリティ対策が徹底されていないクライアントPCのLANアクセスを制限したり、ほかの検疫システムと連動することでパッチやウイルス定義ファイルを最新の状態にしたりできる。また、DGS-3200-10はIPv6/v4のデュアルスタックに対応しており、IPv6環境でのネットワーク検疫も可能となっている。

 同社はスイッチ製品でNAPをサポートしたことで、マイクロソフトが国内で対応ベンダーを認定する「NAPパートナー」となった。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | 検疫ネットワーク | IPv6 | IEEE


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。