2008年05月22日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert【Q&A】USBメモリの深刻なリスクとは?

USBメモリは非常に安価になったため、ノベルティーグッズとして使われることが多い。だが、この便利なガジェットはネットワークセキュリティに深刻なリスクをもたらす。

[Michael Cobb,TechTarget]

質問:ベンダーはよくUSBメモリをプレゼントとして配布しています。USBメモリは社内の環境にリスクを持ち込むため、そういったことは良くないと言う人もいます。具体的にどのようなリスクがあるのでしょうか。そしてそれを避けるにはどうすればいいのでしょうか。

 携帯できる小型のフラッシュメモリ(いわゆるUSBメモリ)は実際、ネットワークセキュリティに深刻なリスクをもたらす。こうしたデバイスは非常に安価になったため、ノベルティーグッズとして使われることが多くなった。USBメモリは確かに便利だが、機密データがそこに保存されたり、悪質なコードがネットワークに持ち込まれたりする恐れがある。次世代の「U3」スマートドライブは、さらに大きなリスクを招く可能性がある。U3スマートドライブでは、保存したアプリケーションを直接実行できるのだ。また、ホストコンピュータの管理者権限がなくてもソフトウェアをU3ドライブにダウンロードできる。これが管理者にとって悪夢になるのは想像に難くない。ネットワークの帯域幅を大量に消費したり、ネットワークパフォーマンスを損なったり、生産性を低下させたりするような、許可されていないプログラムをユーザーが容易に実行できるからだ。

 こうしたデバイスの利用を制限する方法は幾つかある。USBデバイスをドライブとして自動的に認識するUPnP(Universal Plug and Play)機能を無効にするのも1つの方法だ。とはいえ、この方法はやや厳し過ぎるかもしれない。もっと良い方法は、システムへの接続が許可されるUSBデバイスを制限することだ。

関連ホワイトペーパー

情報漏洩 | Windows Vista | 暗号化 | フラッシュメモリ


ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...