2008年05月26日 18時36分 公開
ニュース

神戸大学、学内外のリモートアクセスにSSL VPN装置「FirePass」を採用NEWS

神戸大学がIPsec VPNからF5製品によるSSL VPNへとリモートアクセス環境を再構築。運用負荷とコストを抑えながらセキュリティの向上を実現した。

[TechTargetジャパン]

 F5ネットワークスは5月26日、神戸大学が同社のSSL VPN装置「FirePass」を導入し、リモートアクセス環境を再構築したことを発表した。

 神戸大学では、これまで学内外のネットワークアクセスに、IPsecを利用したVPN接続によるリモートアクセスを利用していた。しかし「設定時にクライアント端末に専用ソフトウェアをインストールしなくてはならず、実際にVPNを利用できるまでに手間と時間がかかる」「使用しているクライアント端末のOSのバージョン違いや使用機器の違いにより、正常な動作が得られないケースがある」「ISPのネットワーク環境の違いによりアクセスができない」といった、IPsec VPN特有の問題を抱えていた。また、セキュリティポリシーの柔軟な設定が困難なため、すべてのユーザーにセキュリティポリシーが適切に適用されないことも課題であった。

 こうした問題を解消するために、同学では2008年春、IPsecの代替としてF5のFirePassを導入。FirePassは、SSL対応のWebブラウザさえあればどこからでもリモートアクセスを実現するSSL VPNアプライアンスである。また、FirePass単体でアクセスコントロール機能を持つ上ため、運用負荷と費用を抑えながらアクセスコントロールとセキュリティの向上を実現したという。

 今後神戸大学では、学内外からのリモートアクセス環境をすべてFirePassへ移行予定。セキュリティ確保が必要なシステムの開発は今後もSSL VPN経由で行い、FirePassによるセキュリティ基盤を確保していくとしている。

関連ホワイトペーパー

VPN | SSL | アクセス制御


ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...