オーシャンブリッジのドキュメントポータル最新版、Office 2007を正式サポートNEWS

最短1カ月で導入が可能なドキュメントポータル「Net-It Central」の最新版を発売。「Microsoft Office 2007」も正式サポート対象となり、Open XMLフォーマットのファイルについてもブラウザでの表示が可能だ。

2008年06月03日 19時53分 公開
[TechTargetジャパン]

 オーシャンブリッジは6月3日、企業向けナレッジ共有システムの最新版「Net-It Central 7.1」の販売を開始した。Net-It Centralは、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどの文書や、CAD図面(AutoCADなど)、画像(TIFFなど)のファイルをファイルサーバにドラッグ&ドロップするだけで、イントラネットのWebサイトに公開できるドキュメントポータル。既存のファイルサーバの内容をそのまま反映してWebサイトを構築するため、最短1カ月で導入が可能だという。

 Webサイト上の文書は、Webブラウザでの表示に特化した独自形式(CDLデータ)になっており、文書フォーマットに対応したアプリケーションがなくても、Webブラウザだけですべての文書が高速に表示される。また、CDLデータに変換された文書は、検索エンジンと組み合わせることで、検索キーワードにヒットした個所をページ単位で取り出し可能になるほか、「閲覧はできるが、印刷・持ち出しは禁止」というようなアクセス制限も可能だ。

 最新版では、動作環境にWindows Vistaを追加。また、「Microsoft Office 2007」も正式サポート対象となり、Microsoft Office 2007より新たに採用されたOpen XMLフォーマット(.pptx、.docx、.xlsx)のファイルについても変換が可能。Net-It Centralでファイルを共有することで、Microsoft Office 2007を搭載していないマシンからもOpen XMLフォーマットのファイルを閲覧することができる。

画像 Net-It Centralの導入イメージ

 価格は、ファイル公開数1万まで、30サイト対応の「コーポレートエディション」が240万円、ファイル公開数無制限、100サイト対応の「アンリミテッドエディション」が360万円(ともに1サーバライセンス)。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...