オーシャンブリッジとマイネット・ジャパン、企業向けナレッジ共有システムを発売NEWS

社内ソーシャルブックマークと文書共有システムを統合した、Web 2.0対応「Net-It newsing ソーシャルドキュメントポータル」を発売

2007年12月04日 20時46分 公開
[TechTarget]

 オーシャンブリッジとマイネット・ジャパンは12月4日、企業向けナレッジ共有システム「Net-It newsing ソーシャルドキュメントポータル」を共同で開発し、同日より販売を開始した。

 本システムは、オーシャンブリッジの企業内文書共有システム「Net-It Central」と、マイネット・ジャパンの企業内ソーシャルニュースシステム「イントラnewsing」を連携させたもの。既存のファイルサーバ上の文書を自動的にイントラネットWebサイトに公開して社内で共有することが可能になるほか、Webブラウザで閲覧できる。ユーザーは文書に対する評価を投稿でき、さらに閲覧数、コメント数、○×評価などにより、人気の高い文書をランキング表示可能。これらにより、文書に関連した社員同士のディスカッションを促進し、個人に蓄積されたノウハウ(暗黙知)の共有も実現できるとしている。

 価格は部門公開モデルが540万円(1サーバライセンス)、年間保守サポート料が80万8000円(初年度は無償)。全社公開モデルが660万円(1サーバライセンス)、年間保守サポート料が101万2000円(初年度は無償)。

関連ホワイトペーパー

Web2.0 | 文書管理 | ナレッジマネジメント


ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...