2007年12月04日 20時46分 公開
ニュース

オーシャンブリッジとマイネット・ジャパン、企業向けナレッジ共有システムを発売NEWS

社内ソーシャルブックマークと文書共有システムを統合した、Web 2.0対応「Net-It newsing ソーシャルドキュメントポータル」を発売

[TechTarget]

 オーシャンブリッジとマイネット・ジャパンは12月4日、企業向けナレッジ共有システム「Net-It newsing ソーシャルドキュメントポータル」を共同で開発し、同日より販売を開始した。

 本システムは、オーシャンブリッジの企業内文書共有システム「Net-It Central」と、マイネット・ジャパンの企業内ソーシャルニュースシステム「イントラnewsing」を連携させたもの。既存のファイルサーバ上の文書を自動的にイントラネットWebサイトに公開して社内で共有することが可能になるほか、Webブラウザで閲覧できる。ユーザーは文書に対する評価を投稿でき、さらに閲覧数、コメント数、○×評価などにより、人気の高い文書をランキング表示可能。これらにより、文書に関連した社員同士のディスカッションを促進し、個人に蓄積されたノウハウ(暗黙知)の共有も実現できるとしている。

 価格は部門公開モデルが540万円(1サーバライセンス)、年間保守サポート料が80万8000円(初年度は無償)。全社公開モデルが660万円(1サーバライセンス)、年間保守サポート料が101万2000円(初年度は無償)。

関連ホワイトペーパー

Web2.0 | 文書管理 | ナレッジマネジメント


ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...