2008年07月11日 20時38分 UPDATE
ニュース

NEWSフューズネットワーク、DRを迅速化する遠隔クラスタシステム構築支援サービス

DRシステム構築支援サービス「eX-DR」を発表。30キロ以上離れた施設間にミラーリングシステムを構築することで、被害を受けたシステムの短期復旧を実現する。

[TechTargetジャパン]

 フューズネットワークは7月11日、ディザスタリカバリシステム構築支援サービス「eX-DR」を発表した。

 eX-DRはディザスタリカバリ(DR)対策として、遠隔データセンター間にクラスタシステムを構築するための支援サービス。災害時の被害が及ばないとされる30キロメートル以上距離の離れた施設間にミラーリングシステムを構築することで、自然災害により被害を受けたシステムの短時間での復旧を実現する。システムのミラーリングは、専用回線もしくはインターネットVPN経由で行い、外部からの侵入を防ぐ。

また、サービスにはiDC・回線・ハードウェアの選定、クラスタ構築およびシステムの移行支援が含まれている。具体的なサービス内容は以下のとおり。

  1. ディザスタリカバリコンサルティング
  2. 現状システム調査
  3. データセンター設計および調達(提携データセンターの紹介と指定地域のデータセンター調査)
  4. 機器設計および調達
  5. 回線設計および調達
  6. システム構築
  7. 運用テスト
  8. 各種ドキュメント製作
  9. 監視・運用(障害時対応)

 価格はLinuxシステムのHAクラスタ構築が98万円(税抜き)からで、販売開始は7月15日を予定している。

関連ホワイトペーパー

ディザスタリカバリ | クラスタ | データセンター | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。