2007年10月31日 04時45分 UPDATE
特集/連載

メリットは合理化だけではないディザスタリカバリ対策としての仮想化

手ごろなコストで実現できるディザスタリカバリ対策として仮想化を利用する動きが広がっている。VMwareの製品を導入した事例を2つ紹介する。

[Linda Tucci,TechTarget]

 米ペンシルベニア州検察局のCIO、ジョージ・ホワイト氏は、同局の150台の古いスタンドアロンサーバを、VMwareの仮想化ソフトウェアを導入した50台のDell製ブレードサーバに置き換え、ミッションクリティカルなITシステムを仮想環境に移行した。

 「仮想化はわれわれにとって新しい技術だったため、これは勇気の要る試みでもあった」とホワイト氏。だが、コスト削減とパフォーマンスの面で良好な成果が上がったため、2007年の春に開設した同局のリモートディザスタリカバリサイトに仮想化を導入する計画を進めている。「われわれは仮想化を、ディザスタリカバリの基盤技術として活用しようとしている」

 こうした取り組みに乗り出しているCIOは、ホワイト氏だけではない。

 6カ月前に仮想化が魅力的な技術として注目されるようになったころには、中堅企業のCIOの関心は仮想化によるIT環境の合理化に集中していたと、Gartnerの中堅企業市場担当アナリスト、ジム・ブラウニング氏は語る。

 「彼らは30台のサーバを20台に減らし、コストを5万ドル節約するといった成果を上げて満足していた」とブラウニング氏。「だが、彼らは間もなく、仮想化はほかの目的にも利用できることを理解するようになった」

 ブラウニング氏は、手ごろなコストで実現できるディザスタリカバリ対策として仮想化を利用する動きが広がっており、その効果にCIOが非常に満足していることに気付いた。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | サーバ | ディザスタリカバリ | VMware


ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...