日本TI、ポータブル機器でGUIを実現する低価格メディアプロセッサを発表NEWS

ハンディカラオケ機やユニバーサルリモコン、ビデオドアフォン、電子ゲーム機などのグラフィック表示に利用できる、ARM9ベースのプロセッサ「TMS320DM335」がリリース。

2008年07月17日 18時16分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本テキサス・インスツルメンツ(以下、TI)は、ポータブル機器でGUIを実現するデジタルメディアプロセッサ「TMS320DM335」(以下、DM335)を発表した。

画像 TMS320DM335

 同プロセッサは、最大270MHzのARM926EJ-Sコアとビデオ処理サブシステム(VPSS)を実装し、画像キャプチャーと表示機能を提供する。また、CCD/CMOS画像センサーやビデオ解析をサポート。1280×960ピクセルのデジタルLCD接続(75MHzピクセルクロック駆動)やコンポジットTV出力にも対応している。これらの機能は、ハンディカラオケ機やユニバーサルリモコン、ビデオドアフォン、電子ゲーム機などのポータブル機器に応用できる。

 DM335は、TIのすべてのデジタルメディアプロセッサとソフトウェア互換性を備えており、TIのAPIをそのまま利用できる。ARM9コアベースなので、ARMプロセッサの開発ノウハウもそのまま応用可能。現行製品「TMS320DM355」およびデジタルビデオ評価モジュール「TMDXEVM355」(以下、DVEVM)とも完全に互換性があり、同じ開発キットでDM335対応ソフトウェアを開発できる。DVEVMには、「MontaVista Linux」のボードサポートパッケージ(BSP)やVPSSに最適化されたドライバ、ディスプレーおよびキャプチャーのサポートが組み込まれている。また、Windows Embedded CE 6.0にも対応している。

 DM335のパッケージは、13×13ミリ、329ピン、0.65ミリピッチのBGA(Ball Grid Array)で、単価(参考価格)は10.48ドル(100個受注時)から。

関連ホワイトペーパー

API | 組み込み


ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...