トレンドマイクロ、ゼロデイ脅威に対応する中小企業向けセキュリティソフト新版NEWS

Webサイトの評価や不正サイトに誘導する悪質メール対策を新たにサポート。システムを改変する不正プログラムの監視も可能となった。

2008年07月28日 17時16分 公開
[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは7月28日、中小企業向け統合セキュリティソフトウェア「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」を8月22日より出荷開始すると発表した。パターンファイル検知に依存しない挙動監視に対応、エンジンの改良によりウイルス検索速度が大幅に向上した。

 ビジネスセキュリティは、ウイルススパイウェアなどの脅威対策、情報漏えい対策、クライアント管理などのセキュリティ対策・管理機能を一元的に提供するWindows対応クライアント/サーバ型ソフト。新バージョンでは、悪質化する「Webからの脅威」対策として、(1)不正サイトに誘導しようとする迷惑メールの検知(Outlook、Windows Mailに対応)、(2)対象Webサイトの信頼度に基づきアクセスを制御するWebレピュテーション(評価)、(3)不正プログラムがシステムファイルやレジストリを改変していないかどうかを検知する挙動監視の3機能を新搭載した。特に(3)は、パターンファイル提供前の未知のウイルスによるゼロデイ攻撃を一時的に防ぐ仕組みを、中小企業向け製品で可能にしたのが特徴。

 さらにウイルス検索エンジンをスパイウェア検索エンジンと統合することにより、業務処理の負荷となるクライアントPC上のウイルス検索時間を従来製品比で最大80%短縮したという。

 製品はパッケージ版とライセンス版の2種類がある。パッケージ版(5〜25ユーザー)の初年度の価格はユーザー当たり5500円。ライセンス版(5〜99ライセンス)の価格は以下の通りで、2年以上利用する場合、パッケージ版より安くなる(いずれも税抜き)。

ライセンス版価格(税抜き)
ライセンス数 初年度 2年目以降
5〜24 6900円 3450円
25〜49 6800円 3400円
50〜99 6500円 3250円

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...