2008年06月27日 19時00分 UPDATE
ニュース

NEWSトレンドマイクロ、スマートフォン対応のウイルスバスターCorp.プラグインをリリース

ウイルススキャンやデータ暗号化などWindows Mobile端末の統合セキュリティ対策が可能になる。SoftBank X02HTに対応。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは6月27日、スマートフォン対応統合セキュリティソフト「Trend Micro Mobile Security」(以下、TMMS)の出荷を7月22日より開始すると発表した。企業内でスマートフォンの脅威対策を一元的に管理できる製品で、ソフトバンクモバイルのWindows Mobile搭載携帯端末「SoftBank X02HT」に対応する。

 TMMSは、企業で利用シーンが広がりつつあるスマートフォンについて、紛失による情報漏えいや不正侵入といったセキュリティ脅威を防ぐためのソフト。同社の企業向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション」(以下、ウイルスバスターCorp.)のプラグインとして動作し、クライアントPCと同様にセキュリティの運用状況を管理コンソールから集中管理することができる。「スタンダード」と「アドバンス」の2タイプが用意される。

画像 ウイルスバスターCorp.のTMMS管理画面《クリックで拡大》

 スタンダードでは、SDカードへの読み書き時のウイルススパイウェアスキャンや侵入検知機能搭載ファイアウォールなどの防御機能を提供。アドバンスではスタンダードの機能に加え、操作時のユーザー認証に失敗すると端末をロックあるいはデータを消去したり、住所録/メールデータなどを暗号化するといった、紛失・盗難時の情報漏えい対策機能が利用できる。

 価格は、使用端末数に応じて割り引きされるボリュームライセンス制。100クライアントの場合、スタンダードが32万9000円、アドバンスが65万8000円(ともに税抜き)となる。1年ごとにサポートサービス料を含む契約更新料が必要。

 TMSSが対応する端末OSは、Windows Mobile 6.0(Classic/Standard/Professional)およびWindows Mobile 5.0(Pocket PC/Smartphone/Pocket PC Phone)。ウイルスバスターCorp.を導入済みの環境で利用できる。なお、X02HT以外のスマートフォンも順次サポートするとしており、現時点では「SoftBank X01T」に対応予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

ITRが「IT投資動向調査2020」を実施 「卸売・小売」の投資意欲が盛んに
国内企業のIT予算は堅調に増加傾向にはあるものの、その勢いには陰りが見え始めています。

news031.jpg

「グロースハック」の神髄とは? Dropboxとメルカリの場合
元祖グロースハック企業Dropboxと、わずか数年で世界有数のフリマアプリに成長したメルカ...

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...