2008年06月27日 19時00分 公開
ニュース

トレンドマイクロ、スマートフォン対応のウイルスバスターCorp.プラグインをリリースNEWS

ウイルススキャンやデータ暗号化などWindows Mobile端末の統合セキュリティ対策が可能になる。SoftBank X02HTに対応。

[TechTargetジャパン]

 トレンドマイクロは6月27日、スマートフォン対応統合セキュリティソフト「Trend Micro Mobile Security」(以下、TMMS)の出荷を7月22日より開始すると発表した。企業内でスマートフォンの脅威対策を一元的に管理できる製品で、ソフトバンクモバイルのWindows Mobile搭載携帯端末「SoftBank X02HT」に対応する。

 TMMSは、企業で利用シーンが広がりつつあるスマートフォンについて、紛失による情報漏えいや不正侵入といったセキュリティ脅威を防ぐためのソフト。同社の企業向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスターコーポレートエディション」(以下、ウイルスバスターCorp.)のプラグインとして動作し、クライアントPCと同様にセキュリティの運用状況を管理コンソールから集中管理することができる。「スタンダード」と「アドバンス」の2タイプが用意される。

画像 ウイルスバスターCorp.のTMMS管理画面《クリックで拡大》

 スタンダードでは、SDカードへの読み書き時のウイルススパイウェアスキャンや侵入検知機能搭載ファイアウォールなどの防御機能を提供。アドバンスではスタンダードの機能に加え、操作時のユーザー認証に失敗すると端末をロックあるいはデータを消去したり、住所録/メールデータなどを暗号化するといった、紛失・盗難時の情報漏えい対策機能が利用できる。

 価格は、使用端末数に応じて割り引きされるボリュームライセンス制。100クライアントの場合、スタンダードが32万9000円、アドバンスが65万8000円(ともに税抜き)となる。1年ごとにサポートサービス料を含む契約更新料が必要。

 TMSSが対応する端末OSは、Windows Mobile 6.0(Classic/Standard/Professional)およびWindows Mobile 5.0(Pocket PC/Smartphone/Pocket PC Phone)。ウイルスバスターCorp.を導入済みの環境で利用できる。なお、X02HT以外のスマートフォンも順次サポートするとしており、現時点では「SoftBank X01T」に対応予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...