2009年02月04日 09時00分 公開
ニュース

IIJがゲートウェイセキュリティの新サービス、3つの機能でWebアクセスを安全にNEWS

URLフィルタリング、ウイルス対策、ログ解析の3つのゲートウェイセキュリティ機能をアウトソーシング型で提供する。

[TechTargetジャパン]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、ゲートウェイ型セキュリティのアウトソーシングサービス「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を2月3日より企業向けに提供開始した。提供するのは、Webフィルタリング、アンチウイルス、ログ解析の3つの統合サービスとなる。

画像 IIJセキュアWebゲートウェイサービス

 IIJセキュアWebゲートウェイサービスでは、同社のデータセンターにゲートウェイサーバを設置して、マルウェア対策やWebフィルタリングの機能をアウトソーシング型で提供することによりWebアクセスセキュリティの向上や情報漏えい防止を図る。具体的には、(1)Webフィルタリング、(2)アンチウイルスおよび(3)ログ保管/ダウンロードの3機能を提供する。

 (1)はデジタルアーツのURLフィルタリングソフト「i-FILTER」を採用、ポリシーに違反する有害サイトなどへのアクセスを遮断する。(2)はKaspersky Labsのウイルス検知エンジンを利用してWeb経由でのウイルス感染をブロック。また(3)では、(1)や(2)で取得したログを時間、フィルタリングカテゴリ、接続元IPアドレスなどを基準に保管、月次リポートとして提供する。別途オプションとしてプロキシ、HTTPのバイパス、デジタルフォレンジックの機能も用意した。

 同サービスはネットワーク構成などの要件に応じて、フル機能、(1)と(3)そして(2)と(3)の組み合わせによる3タイプで提供する。利用料は個別見積もり。


ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。