2008年08月11日 16時22分 公開
ニュース

IIJ、複数キャリアのデータ通信をサポートする接続ツールを無償公開NEWS

3.5Gモバイルデータ通信や無線/有線LANの接続をシームレスに切り替えるツールを独自開発。VPNなどのセキュリティ機能も強化している。

[TechTargetジャパン]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月11日、3.5Gのモバイルデータ通信サービスに対応したネットワーク接続ツールの無償提供を開始した。ノートPCにインストールし、事業者の異なる複数のデータ通信端末の接続を一元管理できる。

画像 IIJモバイル セキュアリンク

 通常、データ通信端末の利用時にはキャリアごとや機種ごとに専用のネットワーク接続ソフトが必要になり、ビジネスモバイルのシステム管理者はユーザーの利用端末に応じて複数のクライアント接続環境を用意しなければならない。そこでIIJでは、管理負担軽減を目的として、複数端末の3.5Gネットワーク接続やPCのLAN接続といった利用環境に合わせた接続を管理するツール「IIJモバイル セキュアリンク」を開発。企業向けモバイルサービス「IIJモバイル」のポータルサイト上に無償公開した。

 IIJモバイル セキュアリンクは、3.5Gデータ通信サービスをはじめ、無線LAN、有線LANへの接続方法について、設定した優先度や電波の状態などに基づいて最適なものを選び、切り替えることができる。セキュリティ面ではPPTP/L2TPやIPsecによるVPN接続とインターネットVPN接続を同時に実行するSSO(シングルサインオン)機能を提供、VPNを利用しないインターネット接続を制限する機能も搭載する。そのほかにも、接続時間やトラフィック量を記録するログ機能や自動切断機能を備える。

 ツールを利用可能なサービス/端末は、IIJモバイルサービスタイプDおよびタイプE、NTTドコモ A2502/N2502、イー・モバイル D01NX/D02NE/D02HW。対応端末は順次増やす予定。Windows XP SP2以後/Vista上で稼働する。

 同社は今後、企業ロゴやマニュアルの挿入といった有償でのカスタマイズやユーザー設定を制限する管理者向け機能などをサポートするとしている。

関連ホワイトペーパー

VPN | データ通信 | 携帯電話


ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...