2009年06月04日 09時00分 公開
ニュース

IBM、x86サーバおよびブレードサーバ向けNAND型SSDを発表NEWS

日本IBMが、同社のx86サーバおよびブレードサーバで使用可能なSSDを発表。1万5000回転SAS HDDの約8倍の入出力性能を持ち、I/O負荷の高いアプリケーションの実行に最適だという。

[TechTargetジャパン]

 日本IBMは6月3日、同社のx86サーバ「IBM System x」およびブレードサーバ「IBM BladeCenter」に搭載可能なソリッドステートドライブ(SSD)装置「IBM 50GB SATA High-IOPS SSD」を発表した。同日より同社および同社のパートナー経由で販売開始する。

 同製品は、記憶素子に50GバイトのNAND型フラッシュメモリを採用。従来のSSDはHDDと比べてデータ書き込み処理の性能に難点があるといわれていたが、同製品ではデータ書き込み用のバッファ領域を確保するなどの機能強化を図り、ランダムなデータ書き込み時の1秒当たり入出力動作回数が1000IOPSと、1万5000回転SAS HDDの約6倍の性能を達成した。同様に、ランダムなデータ読み書き時では2700IOPSと、1万5000回転SAS HDDの約8倍の入出力性能を達成している。同社では、同製品は金融アプリケーションや検索エンジンなど、高速でランダムなデータ入出力を行うアプリケーションをx86サーバ上で実行する際に最適な記憶装置だとしている。

画像 IBM 50GB SATA 3.5型 ホット・スワップ High-IOPS SSD
画像 IBM 50GB SATA 2.5型 ホット・スワップ スリム High-IOPS SSD

 また、SSDはHDDに比べて劣化が早いという問題があったが、各記憶素子への書き込みを均等に分散させる同社独自の制御アルゴリズムを実装し、記憶素子の劣化の進行を遅らせることにより使用寿命の延長を図っている。さらに消費電力もHDDの約25%と、低消費電力にも貢献するという。

 同製品には、サイズや機能の違いにより「IBM 50GB SATA 3.5型 ホット・スワップ High-IOPS SSD」「IBM 50GB SATA 2.5型 ノン・ホット・スワップ High-IOPS SSD」「IBM 50GB SATA 2.5型 ホット・スワップ スリム High-IOPS SSD」「IBM 50GB SATA 2.5型 ホット・スワップ High-IOPS SSD」の4タイプがある。どのタイプも記憶容量は50Gバイト、価格は31万5000円(税込み)となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...