2009年11月12日 07時30分 公開
特集/連載

まだまだ現役、Windows XPのセキュリティ強化に役立つ5つのレジストリキーさらに強化できる、XPのセキュリティ

Windows XPのネットワークセキュリティは、レジストリキーで強化できる。筆者お気に入りの5種類のレジストリキーを紹介しよう。

[Eric Schultze,TechTarget]

 「Windows XPにはちょっと詳しい」というシステム管理者に話を聞くときは必ず、「あなたのお気に入りのレジストリキーは?」と尋ねることにしている。そして大抵の場合、うつろな視線が返って来る。

 そこで本稿では、わたしのお気に入りのレジストリキーを5種類紹介する(※)。システムのセキュリティ強化に役立つはずだ。

※編注:レジストリはWindowsの動作に影響を与えます。変更については自己責任にてお願いします。

1.Hidden

 わたしが最も気に入っているレジストリキーは「Hidden」だ。このレジストリ値を追加すると、Windows XP搭載PCをネットワーク閲覧リストから消去できる。これにより、たまたまネットワークに接続してきたようなユーザーが、「マイ ネットワーク」画面でマシンを見つけてしまう事態を防止できる。わたしはこれを自分自身のコンピュータと、ほかの人にいじってほしくない大切なノートPCとデスクトップPCに使っている。

キーの名前:HKLM\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

値の名前:hidden

型:REG_DWORD

値のデータ:1

 0 コンピュータ名とコメントが別のコンピュータから見える(デフォルト)

 1 コンピュータ名とコメントが別のコンピュータから見えない


2.AutoShareWks

 Windows XPシステムは、コンピュータ上のドライブ名ごとに、自動的に共有を作成する。これらの共有は、管理者権限を持ったユーザーのみがリモートで利用できる。しかし場合によっては、こうした「自動管理共有」が作成されない方がいいこともある。単純にエクスプローラで該当する共有を右クリックして削除しても、コンピュータを再起動すればその共有は復活する。そこで「AutoShareWks key ()」を設定すれば、こうした共有が作成されずに済む。

キー:HKLM\System\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

値の名前:AutoShareWks

型:REG_DWORD

値のデータ:0

  • 0 共有削除
  • 1 共有作成(デフォルト)

関連ホワイトペーパー

Windows | アクセス制御 | 不正アクセス | パスワード


ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...