2010年01月21日 09時00分 公開
ニュース

フォーティネット、ファイアウォール性能40GbpsのミッドレンジUTMを発売NEWS

フォーティネットジャパンは、中・大規模企業向けUTMアプライアンス「FortiGate」の最新版「FortiGate-1240B」を発売した。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 フォーティネットジャパンは1月19日、中・大規模企業向けUTM(統合脅威管理)アプライアンス「FortiGate」の最新版「FortiGate-1240B」を発売した。

 FortiGateは、ファイアウォールVPN、アンチウイルス対策、不正アクセス検知、コンテンツフィルタリング、迷惑メール対策の機能を1台で備える、ミッドレンジの統合型セキュリティ製品だ。

画像 FortiGate-1240B。本機では外観を白に変更した

 新製品であるFortiGate-1240Bの最大の特徴は、独自開発のネットワークプロセッサ「FortiASIC NP4」を搭載したことで、ファイアウォールやアンチウイルスなどの機能実行時のスループットが既存モデルよりも格段に速くなったことである。前バージョンのFortiGate-620Bでは最大16Gbpsだったファイアウォールスループットが、FortiGate-1240Bでは最大40Gbpsと、約2倍高速化した。フォーティネットジャパン シニアマーケティングディレクター 西澤伸樹氏は、「(顧客であるユーザー企業のサーバへの)トラフィックが急増しているため、セキュリティ製品はますますの高速化が求められている」と述べる。拡張性の面では、シングル幅AMCスロットを1基、SSD(半導体ディスク)などを6基搭載可能な拡張ベイを装備する。

 さらにLANインタフェースには、40ポートを標準装備。「部門間でネットワークのセグメントを分けるといったイントラネット内のセキュリティ強化に対応する」(西澤氏)。

 同製品の高性能を生かすことで、例えばデータセンター内の多数の古いファイアウォールを1台に集約することが可能。また、ログ管理システム「FortiAnalyzer-2000B」と併用すれば、エンドポイントのネットワークやアプリケーションの使用状況をまとめて管理・リポートすることもできる。参考価格は、初年度メーカー保守付きで524万3000円から。

 併せて同社は、5Gbpsのファイアウォールスループット性能を持つ中小企業向けの「FortiGate-200B」を発売する。参考価格は、初年度メーカー保守付きで87万3000円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...