2010年06月14日 09時00分 公開
ニュース

エムスリー、iPadを全国300施設の医療機関へ無償貸し出しNEWS

メビックスの大規模臨床研究事業に参加表明した医療機関に対して、そのデータ入力ツールとしてiPadを貸し出す。

[TechTargetジャパン]

 エムスリーとメビックスは6月11日、米国アップルのタブレット型端末「iPad」を300台導入し、医療機関に無償で貸し出すと発表した。

メビックスによると、近年「科学的な根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine)」の重要性に対する認識の高まりに伴い、臨床現場においてさまざまなエビデンス構築が進められているという。メビックスが運営する大規模臨床研究において、エムスリーの医師向け情報提供Webサイト「m3.com」を通じて試験参加を表明した医療機関300施設に対して、iPadを貸し出す。両社では、これにより大規模臨床研究のより迅速な運営を支援するとしている。

 また、エムスリーがm3.comの会員を対象に行った「iPadを活用した大規模臨床研究への関心度調査」において、「iPadを購入する予定がある」(28%)という回答があったことを併せて公表した。

関連ホワイトペーパー

Apple | データ統合 | データマイニング


ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。