2010年11月18日 22時35分 公開
ニュース

複数会計基準対応の「DivaSystem 9.5」提供開始、ディーバNEWS

連結システム「DivaSystem」の最新版が登場した。企業のIFRS適用を見据えて、日本基準とIFRSの2つの基準で連結財務諸表を作成できる機能を追加した。

[TechTargetジャパン]

 ディーバは連結会計システムの最新版「DivaSystem 9.5」を11月18日に提供開始した。新たに複数会計基準による連結財務諸表の作成機能などIFRS対応の機能を強化した。

 9.5では1つの会計処理に対して日本基準とIFRSの2つの帳簿を持つことができるようにした。日本基準、IFRSの2つの連結財務諸表を作成可能で、IFRSの任意適用を検討する企業を支援する。また、会計基準ごとの差異が確認できる新機能「GAAP調整過程レポート」も追加した。複数会計基準での報告通貨修正仕訳入力、換算機能にも対応した。

 ディーバはIFRSの「自主適用」を行っている。また、IFRSの任意適応を検討する企業では既にβ版の9.5を使用中で、これらのノウハウを9.5に反映させた。

 会計コンバージェンスへの対応も進めた。9.5は新たに包括利益計算書(1計算書方式、2計算書方式)、過年度遡及、グループ法人税制などに対応。過年度遡及への対応では、過年度連結財務諸表の複製機能、修正仕訳登録機能があり、遡及修正内容が把握できる「過年度遡及調整表」の機能も備えた。

 既にDivaSystemを使っている顧客は保守費用内で9.5にバージョンアップできる。DivaSystemの既存顧客、約630社のうち、20社は9.5へのバージョンアップを予定しているという。ディーバは今後1年で50社の新規顧客の獲得を目指す。

 ディーバは2011年にDivaSystemを再度バージョンアップする計画。IFRSの強制適用実施を見据え、日本基準と同様の精度、効率でIFRSの連結財務諸表を作成できるようにするという。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...