業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア、IBMNEWS

日本IBMが業務の重要性に応じてストレージの処理能力を分配するハイエンドストレージ向けのファームウェアを発表した。

2011年05月13日 21時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は5月13日、業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア「DS8000 I/O Priority Manager」を販売開始した。同社のディスクストレージ最上位機種「IBM System Storage DS8000シリーズ」向けに提供する。

 DS8000 I/O Priority Managerは、業務(アプリケーション)の重要度のレベルを4段階で指定でき、重要度の高いものから優先的に処理能力を分配する。同社によると、この機能を活用することで、複数の業務が同時アクセスする際の処理スピードの低下を防ぎ、重要度の高い業務の処理速度を向上できるという。

 また、DS8000シリーズでは、ストレージの自動階層化機能「IBM System Storage Easy Tier」によって、使用頻度の高いデータをアクセス速度の速い媒体に保持してきた。DS8000 I/O Priority Managerと組み合わせることで処理能力のより柔軟な分配が可能になり、業務の効率性向上を支援するという。

 DS8000 I/O Priority Managerの販売価格は、1Tバイトのストレージ容量当たり92万1400円(税別)。6月3日に出荷を開始する。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | IBM(アイ・ビー・エム) | RAID | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...