2011年05月13日 21時00分 公開
ニュース

業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア、IBMNEWS

日本IBMが業務の重要性に応じてストレージの処理能力を分配するハイエンドストレージ向けのファームウェアを発表した。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は5月13日、業務の重要度に応じてストレージ処理能力を分配するファームウェア「DS8000 I/O Priority Manager」を販売開始した。同社のディスクストレージ最上位機種「IBM System Storage DS8000シリーズ」向けに提供する。

 DS8000 I/O Priority Managerは、業務(アプリケーション)の重要度のレベルを4段階で指定でき、重要度の高いものから優先的に処理能力を分配する。同社によると、この機能を活用することで、複数の業務が同時アクセスする際の処理スピードの低下を防ぎ、重要度の高い業務の処理速度を向上できるという。

 また、DS8000シリーズでは、ストレージの自動階層化機能「IBM System Storage Easy Tier」によって、使用頻度の高いデータをアクセス速度の速い媒体に保持してきた。DS8000 I/O Priority Managerと組み合わせることで処理能力のより柔軟な分配が可能になり、業務の効率性向上を支援するという。

 DS8000 I/O Priority Managerの販売価格は、1Tバイトのストレージ容量当たり92万1400円(税別)。6月3日に出荷を開始する。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | IBM(アイ・ビー・エム) | RAID | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news143.jpg

コロナ禍でのEC利用は「安さ」より「注文のしやすさ」重視の傾向――流通経済研究所調べ
全国1万人調査から分かったショッパーのネット利用の変化。