2011年12月22日 18時30分 公開
特集/連載

年末休暇中にタブレット端末を購入するのは損か得か?次世代タブレットの予想スペック

クリスマスや年末年始の休暇中に、新しいタブレット端末を買っていじり倒そうと考えている人も多いだろう。だが、「タブレットは買い時なのか?」。あえてこの愚問を検討してみた。

[Jamison Cush,TechTarget]

 年末商戦が始まった。タブレット端末はまず間違いなく、子どもと大人両方の欲しい物リストに入っているだろう。だが2012年1月開催のCES 2012では各種の次世代タブレット端末が発表される予定であり、それから間もなくすれば「iPad 3」も発表される見通しだ。果たして今はタブレット端末を購入するのに適したタイミングなのだろうか?(関連時期:今こそ初代iPadを購入するチャンス……かも

 モバイル技術の進歩のスピードを思えば、この質問はほとんど修辞的な疑問といえる。端末を購入するのに「適切なタイミング」など決してない。なぜか? また1カ月もすれば、より素晴らしいスペックの端末が発売されないとも限らないからだ。

 これは特にスマートフォンに関していえることだが、タブレット端末も例外ではない。例えば、「Motorola XOOM」と「Samsung GALAXY Tab 10.1」にしてもそうだ。どちらも現行世代のタブレット端末であり、リリース時期は数カ月しか違わない。だが、GALAXY Tab 10.1の方がはるかに印象的なハードウェアだ。 GALAXY Tab 10.1の方がXOOMよりも薄型かつ軽量であり、ディスプレーもトップクラスだ。

 タブレット端末の人気に火を付けたAppleの初代「iPad」はとりわけ古さが目立ち始めている。かさ高だし、カメラを搭載していないし(カメラは今や「iPad 2」も含め、ほぼ全てのタブレット端末に標準で装備されている)、シングルコアプロセッサでは特にゲームなどのハイエンドアプリを動かすのが難しい。AppleはiOS 5によって初代iPadを延命したが、iPad 3が発売されて以降のアップデートに関しては、発売から間もなく2年を迎えるこのタブレット端末のサポートを同社が続けるかどうかは定かではない(関連記事:ジョブズ氏亡き後のApple:アフター・ジョブズを占う)。

 冒頭の質問への答えを探るべく、次世代タブレット端末の特徴を見ていくことにしよう。この年末商戦中にタブレット端末を購入した人はどのような機能を手に入れ損ねることになるのだろう?

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...

news058.jpg

「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「...