2013年02月18日 13時30分 公開
ニュース

循環器部門向けデータ統合管理ソリューションを販売、GEヘルスケア・ジャパンNEWS

中小規模の医療機関を主なターゲットとして、循環器領域の診断・治療に必要な画像データや検査情報、解析データなどを一元的に管理するソリューションを提供する。

[TechTargetジャパン]

 GEヘルスケア・ジャパンは2月15日、循環器部門向けの統合ソリューション「Centricity Cardio Enterprise」(以下、CCE)の提供を開始した。同社によると、中小規模の医療機関の循環器部門や循環器専門病院を主な対象にしているという(関連記事:群馬県立心臓血管センター、診療の高度化に合わせてPACSをアップグレード)。

photo Centricity Cardio Enterpriseの概念図

 CCEは、循環器部門向け統合データ管理システム「Centricity Cardio Workflow」、循環器領域専用画像解析ビュワー「Centricity Cardio Imaging」で構成される。院内システムや医療機器をオンライン接続し、心臓や血管などの循環器領域の診断・治療に必要な患者情報、各種画像データ、検査情報や解析データなどを一元的に集約する。

 また、検査・処置室や病棟、医局など、院内のどこからでも必要なデータの参照が可能。さらに、心機能解析や狭窄解析分野における解析・計測ツールをオプションで提供する。

 同社によると「多種多様なデータを統合管理することで、増加する循環器疾患の診療の質や検査効率の向上に貢献できる」という。CCEの提供価格は、3000万円から(税別)。GEヘルスケア・ジャパンのニュースリリースはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...