2013年02月27日 08時00分 公開
特集/連載

PC不況で米Intelが失速、モバイル投資100億ドルで復活なるかコスト/消費電力削減など課題は山積

縮小する一方のクライアントPC市場に依存できない米Intelは、モバイル市場への投資を本格化させた。この決断は、同社にとって業績向上の特効薬となるのだろうか。

[Michael Wall,TechTarget]

 世界最大のクライアントPC向けプロセッサメーカーである米Intelが、モバイル市場への本格参入を進めている。見通しを下回る決算報告を終えた同社は、研究開発に130億ドルを投じて、モバイル市場でのシェア拡大を図ることを発表した。

 2013年1月17日(米国時間)に発表されたIntelの2012年第4四半期決算は、予想を下回るものだった。売上高は、136億ドルの予想に及ばず135億ドルとなり、通年では前年比1.2%減の533億ドルに終わった。

 予想以下の業績となったが、Intelは研究開発費を引き上げる方針だ。2012年の101.5億ドル、2011年の83.5億ドルに対して、2013年は研究開発に130億ドルを投じるという。だが米Bloombergの複数のアナリストによると、実際には130億ドルではなく、100億ドルにとどまる見込みだという。

 Intelは、この資本投資をモバイルプロセッサの開発に充てるという。同社は、着実に進行するクライアントPC市場の縮小を踏まえて、活路を見いだすべく新市場の開拓をもくろんでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

「TikTok For Business」誕生 中小企業支援やクリエイターとのマッチングで新展開も
TikTokでブランドの声を広げるための新しいプラットフォーム「TikTok For Business」が誕...

news066.jpg

「鬼滅」「あつ森」「恋つづ」他 10代男女が選ぶ2020年上半期流行ったもの――Simejiランキング
おなじみの「Simejiランキング」では、新型コロナウイルスやステイホームに影響を受けた...

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...