2013年05月02日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 8の反省を生かした、Windows Blue新機能のうわさ使いにくいスタート画面を改善

今回うわさになっているWindows 8の変更は、現行のスタート画面に疑問を抱く多くのユーザーをなだめるものになりそうだ。

[Jeff Dunn,TechTarget]

Windows 8のスタート画面に疑問を抱いてきたユーザーに朗報

 Windows 8の次期メジャーアップデート「Windows 8.1」(コード名:Windows Blue)をめぐるうわさが渦巻いている。現在、さまざまな報道で取り上げられているのが、タイル型スタート画面を飛ばして、従来のデスクトップモードで起動できる「ブート・ツー・デスクトップ」オプションがWindows 8.1に追加されるとのうわさだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...