2013年05月23日 08時00分 公開
特集/連載

“どこでもつながる無料のWi-Fi”いよいよ実現かスーパーWi-Fi実現の可能性【前編】

「連邦政府は、無料で電話やインターネットが使えるスーパーWi-Fiネットワークの構築を予定している」といった米Washington Postの報道が物議をかもしている。スーパーWi-Fiとは?

[Jeff Dunn,TechTarget]

 米Washington Post紙が2013年2月、「ITと通信大手が火花――FCCによる大規模公衆Wi-Fiネットワークの提案で」という記事を掲載した。この記事で執筆者のセシリア・カン氏は、米国政府および米Google、米Microsoftのような大手IT企業と、米Verizonや米AT&Tのような大手通信企業がぶつかろうとしていると主張した。その争点とは「全米規模の“スーパーWi-Fi”ネットワークを構築しよう」という構想だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...