2013年06月27日 08時00分 公開
特集/連載

Jailbreakも検知、無料で使える業務用ブラウザ「MDM Browser」セキュアブラウザ製品紹介:コネクトワン

セキュアブラウザだけでは安全性の確保が難しいが、MDM製品ほどの機能は必要ない。こうした声に応え、セキュアブラウザとMDMの“いいとこ取り”を目指したのが「MDM Browser」だ。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 情報漏えい対策のために必要十分な機能を盛り込んだセキュアブラウザが、コネクトワンの「MDM Browser(旧称:ConnectONE Browser)」だ。安全性を高めるべく、管理者権限の取得行為の検知といったモバイルデバイス管理(MDM)機能を搭載。一方で情報収集機能を備えないなど、私物端末の業務利用(BYOD)のセキュリティ対策として活用しやすくした。MDM Browserの機能や特徴について、同社代表取締役社長である吉田 晋氏に聞いた。

連載:セキュアブラウザ製品紹介


製品の概要:ポリシー違反の端末では起動しないブラウザ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。