2013年07月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー企業、クラウド事業者に聞いた移行ツールの今結局は手作業か? クラウド間移行ツールに語られる不満

プライベートクラウドからパブリッククラウドへの移行や、異なるパブリッククラウド間のワークロードの移行を支援するクラウド移行ツールが次々に登場している。だが、現実にはまだ課題が多い。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 プライベートクラウドからパブリッククラウドへのアプリケーションの移行は、一筋縄ではいかない場合がある。しかし、多くのクラウドユーザーは、クラウド移行ツールの支援なしに移行を行っている。

 クラウド移行ツールは、プライベートクラウドからパブリッククラウドへの移行や、異なるパブリッククラウド間のワークロードの移行を支援するが、幾つか制限がある。これらのツールはクラウド移行プロセスの初期段階の管理で必要になる場合もある。一方で、カスタムアプリケーションなど、各環境に固有の条件もある中で全てに市販のツールが対応できるかどうか、ユーザーが疑問の目を向ける場合もある。

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

夏休み中の小学生のテレビ視聴は41分増、ネット動画視聴は26分増――スカパーJSAT調査
スカパーJSATは、夏休み中の小学生の生活時間についての調査を実施しました。

news021.jpg

継続的な改善でWebサイト育成、成功に近づくために必要なこと
Webサイト育成のポイントは、制作を担う部署だけでなく関係部署が連携して取り組むことに...

news019.jpg

匿名加工情報とは何か、内容まで知っている人はたった3%台――データサイエンティスト協会調査
一定のルールの下であれば本人の同意がなくても利用できる匿名加工情報ですが、現状では...