2013年09月26日 08時00分 公開
特集/連載

アベノミクスと医療のIT化、厚労省予算から動向を探るIT活用で健康長寿社会を実現

アベノミクスの成長戦略の要ともいわれる医療・介護分野。2013年8月末に発表された厚生労働省の2014年度予算概算要求では、成長戦略の実行を後押しする要求項目が盛り込まれている。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 政府や関係省庁が進める各種施策は、関連分野のIT化に強い影響力を持つ。医療分野におけるIT化は今後どのような取り組みが行われるのか? 厚生労働省が2013年8月末に公表した2014年度予算概算要求の内容を踏まえ、医療IT化の推進策をまとめた。

健康長寿社会の実現をITで支援

 厚生労働省は8月27日、2014年度の予算概算要求を公表。一般会計の合計額は30兆5620億円となり、2013年度当初予算額29兆4321億円よりも1兆1299億円多くなった(予算比3.8%増)。また、政府の成長戦略を後押しするために設けられた「新しい日本のための優先課題推進枠」関連では1617億円を計上している。特に、医療IT化に関する新規施策は課題推進枠での要望項目が多い。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...