2013年09月26日 08時00分 公開
特集/連載

アベノミクスと医療のIT化、厚労省予算から動向を探るIT活用で健康長寿社会を実現

アベノミクスの成長戦略の要ともいわれる医療・介護分野。2013年8月末に発表された厚生労働省の2014年度予算概算要求では、成長戦略の実行を後押しする要求項目が盛り込まれている。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 政府や関係省庁が進める各種施策は、関連分野のIT化に強い影響力を持つ。医療分野におけるIT化は今後どのような取り組みが行われるのか? 厚生労働省が2013年8月末に公表した2014年度予算概算要求の内容を踏まえ、医療IT化の推進策をまとめた。

健康長寿社会の実現をITで支援

 厚生労働省は8月27日、2014年度の予算概算要求を公表。一般会計の合計額は30兆5620億円となり、2013年度当初予算額29兆4321億円よりも1兆1299億円多くなった(予算比3.8%増)。また、政府の成長戦略を後押しするために設けられた「新しい日本のための優先課題推進枠」関連では1617億円を計上している。特に、医療IT化に関する新規施策は課題推進枠での要望項目が多い。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。