2013年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

AWSの料金プラン“新リザーブドインスタンス”に足りないもの利用者が求めるのは柔軟性

Amazon Web Services(AWS)のリザーブドインスタンスは、インスタンスの長期利用を見込んで予約金を支払う利用形態だ。このリザーブドインスタンスをめぐって、AWSユーザーからはさまざまな意見が寄せられている。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Amazonは柔軟性の向上を目的として、Amazon Web Services(AWS)のリザーブドインスタンスの管理方法を変更した。クラウドコンピューティングのユーザーは、これをきっかけにインスタンスのタイプが増えることを期待している。

 リザーブドインスタンスは同一リージョン内ならばアベイラビリティゾーン間で移動させることができる。AWSのアカウント(利用者)がEC2-Classicネットワークを所有している場合は、EC2-VPC(Virtual Private Cloud)に移行することができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。